トラブル続きのときに天があなたに気づいてほしいこと。

大きなトラブルに次々と見舞われるようなとき、セッションをお受けすることがあります。
 
そんな方に共通してお伝えしているのは
 
1)何か間違ったからそうなったのではありません。道を外れていることなどありません。
 
2)何かに気づいてほしいから、天がそのような問題を起こし続けています。
 
3)その気づいてほしいことは、もう役に立たない、手放していい、そぐわなくなっている思い込みです。
 
4)そのトラブルは必ず超えられます。
 
 
です。
(大介)

敵などいない。

敵などいません。
敵視する必要はありません。
 
すべて味方
というかすべて自分自身です。
 
不安や恐怖も
怖い人たちも
お金も
権力も
政治家も
原発も
エゴ(ego)も
欲望も
 
けれど
敵視すれば敵になってしまいます。
 
私の世界のなかで
敵という役割を演じさせることはできるから。
悪役を演じてもらうことはできるから。
 
演出を決めているのは自分自身です。
親や先生やテレビやいろいろな人たちから伝えられたことを受け入れてしまったから、その演出をしているのですけれど。だからといって彼らが悪いというのでもありません。彼らもまた伝えられたことを信じたにすぎません。
 
無意識にしていたことに気づくことで、演出は変えられます。
 
無意識に気づくために《今ここにいる》のは役に立ちます。
座禅や瞑想は《今ここにいる》入口になります。
もちろん他の方法もあるでしょう。
なんでもいいんです。
 
なんかね、もったいないなと思うようになりました。
敵にしちゃってるだけで。
 
(大介)

憎しみあうのをやめなさい。

西日本、北海道、日本の皆さま、いや世界中の存在に向けて、、どうかご無事で!

とはいっても、、

日本だけでなく世界中で相次ぐ自然災害。
ガブリエルに聞いてみました。

あらゆる出来事は神がおこしているのなら、何を伝えたいの?何に気づいて、あるいは思い出してほしいの?

ガブリエル
「憎しみあうのをやめろ。愛を選べ」

憎しみが自然災害を起こしているの?

「そうだ。復旧復興のなかで、たとえ一時的にでも憎しみを忘れることができる。悔恨をこえて助け合うことができる。憎しみなどない愛ある者たちも多くいる。困難のなかでは愛を感じやすい。普段から意識的に愛を選べることを知れ」

温暖化の影響じゃなくて?

「そう思うならなぜ温暖化を食い止めない」

・・・私ひとりが思いを変えても仕方ない、、、って思ってました。

「自分のせいではない。自分の責任ではない。自分が何かをしたところで変わらない。多くの者がそう思っている。そう思うことで世界をこのような状態にしている。

憎しみをやめるのも同じだ。人は神である。神と同じものとして作った。神ができることは人もできる。温暖化を食い止め、憎しみあうことをやめ、自然災害を未然に防ぐことができる。自然の猛威に影響されないようになることができる」

それが、自分にできると。

「できる」

できるのは私だけではなくて、誰にでもできるということ。

「逃げるな。まずはお前だ」

はい。

「できるから言っている。自分が変われば世界は変わるのだ。わかっているだろう」
(大介)

天とつながるとは。

さらに前回のつづきです。

>結局のところ、セッションとは何なのか?
> 
>今言えるのは『天と人をつなげている』です。
> 
>つなげるとは、神とコミュニケーションがとれるようになるということです。
”セッションは天と人をつなげている”って、伝わりにくいですよね。。
 
言い換えると
  
人は神の子です。
人も神です。
我々ひとりひとりが、神なのです。
天とつながるとは、神とのコミュニケーションを通して、神として生きることです。
 
 
つなげるなんて言うと、今は切れているみたいですね。
正確には、誰もが、つねに、ずっと、つながっています。
ただ気づいていない、忘れているだけで。
神とのつながりを思い出してもらうと言えば、より正確かもしれません。
  
思い出した人が神として生きる道を選ぶなら、人として最大限の可能性を発揮するよう仕向けられます。
大変なことも多いけれど、充実します。
 
 
”神との対話”10年ぶりの新刊(日本未刊)はタイトルが”AWAKEN THE SPECIES”(人類を覚醒させよ)となっていて、きっと同じことを言おうとしています。
 
いずれ家が決まったら、取り寄せて読みたいです。
 
もちろん人だけでなく、八百万すべて神が作ったもの、神の子です。
 
猫は神。
 
(大介)

セッションとは何なのか?

前記事のつづきです。

占いと同じだけど違う。言われたことを闇雲に信じなくていい。
では、結局のところ、セッションとは何なのか?
 
今言えるのは『天と人をつなげている』です。
 
つなげるとは、神とコミュニケーションがとれるようになるということです。
  
私のように言葉でやりとりができる人だけでなく、日常の出来事に対する自分自身の反応から、神のメッセージに気づける人が増えるということです。
 
昨年6月にフィンドホーンでガブリエルが降臨してから「とにかく人と話せ。神の言葉を伝えろ」と言われてきました。
 
わけもわからず言われるがままにとにかく人に会い、話を聞いては何かしらガブリエルが言ってくることを伝えてきました。
  
ヨーロッパ1周中にも、バスのドライバーさんにちょっと話をするだけのために、いくつものトラブルが重なったりしました。
 
セッションとは何か?いったい何をしているのか?は、誰より私自身がいちばん疑問でした。考え続けて出せた、現時点での私なりの答えが、天と人をつなげているということです。
 
  
そして
 
 
神とコミュニケーションがとれるようになるとどうなるのか?は、人それぞれだろうと思います。
 
決して、”人生楽になる”なんて言えません。
むしろ、大変になるかもしれません。
思ってもいなかったところに突き進んでいく方が多いだろうと思います。
 
私自身、エコビレッジをやるつもりで視察に行ったフィンドホーンでガブリエルが降臨し、エコビレッジを諦めました。人と話すは苦手ですが、人と話すのが仕事になりました。苦手なこと、怖いことに正面からぶつかることになりました。
 
それでも、なぜかずっと願っていた『世界を変えたい』という願いを叶えられると思えるので、我慢して突き進んできました。最近、我慢しなくていいんだと気づけました。不安になることはまだありますが、今ここにいるスキルで乗り切っています。愛というものがわかってきています。これでいいんだと思えるようになりました。
 
 
セッションでは、無意識の、あるいは魂の、深い願い(=天とつながること)を叶えるためにお話しできるのだろうと思います。
(神が何をしているのかすべてを理解することなんてできていません)
 
 
 
今わかることを、今できることを、するだけしかないんですよね。
その意味では、他の誰とも何も変わらないただの人です。
役割がちょっと違うだけ。
 
ご縁あってメッセージをお伝えさせていただける方には、全力でお伝えいたします。(冷めているので全力には見えないかもしれませんけれど笑)
 
   
セッションについてはこちらをご覧ください
 
 
いつもありがとうございます。

ガブリエルの言葉は”聞くべきもの”?参考意見でもいい?

『ガブリエルの言葉は”聞くべきもの”?参考意見でもいい?』

参考意見で構いません。

聞いたからにはその通りにしないといけないのではと思われるかもしれません。

聞いたけど信じられない、信じ切れないことはありますね。

どんな情報を得ていても、何を選びどう行動するかは、つねに自由です。結果をどうとらえるかも、自由。

神との対話曰く、結果への執着を手放すことが、悟ることだそうです。

『参考意見でいいってどういうこと?』
  
ガブリエルの言葉で確認したり、背中を押してもらったりするために聞く方は多くいらっしゃいます。まったく意味不明だから神の意見を聞きたい、という方や、内容的に他に話せる人がいないからという方も。
 
これまで、どんなお話でも、必ず何かしらお伝えできています。
納得していただくことも、いただけないこともあります。
 
そのうえで 
 
”参考意見”というのは、ガブリエルの言葉だから正しいのだろう!と闇雲に信じる必要はなくて(信じられないこともあります)、言葉をどう受けとったかをご自身で感じて、どう考え、どう判断するかの材料にしていただきたいということです。
 
たとえば
 
右か左か、イエスかノーかを決めるときに、コイントスをするといいと聞いたことがあります。表ならこれ、裏ならこれと決めてから投げる。表か裏か?出たらそっちに行くのではありません。
 
 
表裏が出た瞬間に、無意識に反応が出ています。
イエスと出たのを見た瞬間に”よし!”と思うか”うわぁ”と思うか。
”よし!”ならイエスでしょうし、”うわぁ”ならノーが本音です。
その反応で自分の本心がわかります。
 
 
 
ガブリエルの言葉はコインより詳細ですが、同じことです。
納得できる、できない。
信じたい、信じたくない。 
信じる、信じない。
 
感じたことがすべてです。
神が何を言おうと、私たち人がどう感じ、どう判断、選択、行動するかは自由です。
  
 
『なら占いと一緒ですね』と言われてしまうかもしれません。
一緒だと認めることはできませんが(ガブリエルも「一緒にするな」と言います)、世間一般では占いカテゴリに入るでしょう。占い師にも私のような能力を使っている方々がいらっしゃるそうです。
 
こちらとしては占いではありませんが、受けとり方は同じです。
 
 
・・・これ、ずいぶん前に信頼する方からお伝えいただいたことなのですが、やっとわかってきました。
ありがとうございますm(__)m 
(大介)

 

あたり前。

朝から気分が晴れずもやもや。
 
ガブリエルたちが言う「お前は神だ」ということを認めきれない自分へのいらだちでした。
 
言われ始めて1年2か月。もっとすんなり『私は神である』と思えたらいいんですが。
以前なら自分を責めていたところですが、もうしなくなりました。
今ここにあることをつづけながら、じわじわと目指しています。
 
 
だって、今いるところと目指すところが違うのは当たり前ですものね。
 
  
私は神であると心底、自然には思えていない現在地にいます。以前は、こういうとき現状を否定したりダメだと思うことが多々ありました。
 
いや、そりゃあ、着いてないんだから『まだそこにいない!』のは当たり前。『くそ!まだか!』と思います。
 
 
たどり着きたいから、できることをできる限りやる。
今の私にできるのは、すべてを神に任せて、今ここにいつづけること。今、この時の真実を生きること。
  
なりたいけどなれない、できるようになりたいけどできない。それを”悪い”とか、”劣ってる”とか、”役目をはたしていない”と考えることはなくなりました。
 
どうしても行きたいところ、たどり着きたいところがある。
今、たどり着けていないのは当たり前。
  
毎度、親友のブログが役に立ちます。
(大介)

アイディアがほしければ、考えるのをやめなさい。

どうしたらもっとアイディアがたくさん出るようになる?
  
  
ガブリエル
「頭で考えている間は、神の言葉が入っていかない。
考えるのが得意な者ほど、考え尽くしてやっと考えるのを休む。神の言葉が入っていく。
考えるのが悪いと言っているのではない。良い悪いはない。
考えるときと考えないとき、どちらも必要だ。選べ。
アイディアはシャワーやトイレ、散歩など、考えるのをやめたときに”降ってくる”というが、誰が降らせていると思う?笑」
 
ということは、ずっと何も考えなかったらアイディアはたくさん出てくる?
 
「出る」
 
アイディアを現実にするためには、考える。
 
「そうだ」
 
どうしたら考えるのをやめられる?ずっと考えちゃう、考えるのを止めることができないときは?
 
「瞑想がはやっているじゃないか。今ここにいる間は、思考が止まる。ほんの一瞬かもしれないが。あとは練習だ。やるだけだ」
 
そんな静かな時間や環境がないよっていう人は?
 
「本気で言ってるのか?本当にアイディアが欲しいのか?どうしても必要なのか?簡単にお手軽にササっと、無尽蔵のアイディアが出てくるようになりたいか?」
 
おう、、急に厳しいね。。。
 
「苦しめと言っているのではない。苦しんでほしいわけではない。新しい考え方、新しい頭と身体の使い方を覚えて、新しい自分を”創造”してほしいのだ。」
 
神はその創造を体験したいのだものね。
 
「そうだ。常に、創造を待ち焦がれている。人が創造するとき、私もともにそれを体験している。」
 
で、瞑想のほかに方法は?
 
「ある。たくさんある。好きなことに没頭するのでもいい。夢日記をつけるのでもいいだろう。セックスもそのひとつだ。身体を動かすのはいい。ジョギング、水泳、乗馬、なんでもいい。ただし、考えずにできるように。
気の合う仲間とおしゃべりするのもいい。考えずに言葉が出てくることがあるだろう。」
 
考え尽くさなきゃ出ないってことは、ない? 
 
「ない。が、考え尽くさなければアイディアは出ないと思っていれば、そうなるだろう。」
 
あ~。ですよね。。

初でした。

ZOOM終了しました。
少人数なのでざっくばらんに、哲学トークでした。ありがとうございました。
 
こんな話がでました。
 
好きだからとか、やりたいからとか、儲かるからとか、たのしいからとか、そういうのとはまるで違う次元で「これは自分がやらなければならない」と確信していることを為していくときに、でも現実問題お金は必要ですよね?どうしたら??
 
「神にすべてを預け任せること」が答えでした。
お金もふくめて、任せる。
 
でも、任せ切るのって難しいです。すぐ不安になります。
感情はそう簡単に落ち着いてくれません。
 
不安だからと何か考えて行動してしまうと、神の手を止めてしまうことになります。神はつねに人を尊重してくれますから。
 
進めていたことを止めて、人の行動を見守ります。
小さい子を見守る親のように。
 
人間的には、うまくいかない結果が出るでしょう。怖いから行動しているので。それで『神は何をしている!』と怒るのはおかしいですよね。
 
神に任せたら任せきる。ジタバタしない。
でも、ジタバタしたくなる。。
そんなとき、感情を治めるのに役立つのが、”今ここ”にいること。
 
人ができるのは、
1)神に任せること。
2)ジタバタして神の手を止めてしまわないように、今ここに意識をとどめて落ち着くこと。
 
この2つ。
(大介)

8/8(水) 22:00トークルーム開催

ZOOMを使ったトークルームを開催します。
 
日時:8月8日(水)22:00~23:30ごろ(日本時間)
内容:皆さまからガブリエル他天使たちへ”長年の疑問”をいくつかご質問いただき、逐次返答をしつつ、天の意思を深く理解するためのディスカッション(予定)
金額:5,000円
 
※入金確認ミス防止のため、申込時のカード決済をお願いしますm(_ _)m。
セッションと異なり人数が多くなる可能性もあるので、振込は今回なしとさせてください。
 
(大介)